New Generationの長谷川かずまさんとメールで色々お話しました。


New Generationは僕からの購入者も多いので
知っている方も多いのではないかと思います。

この記事で書いてる商材のこと



真面目な仕事の話とかではなくて
完全に雑談でしたが楽しかったです(笑)



好きなアニメがどうとか

あのアニメのキャラはここが魅力的…とか



アフィリエイターと読者あるいは販売者とお客さんの関係の場合は
質問、相談の内容は自然とアフィリエイトに関係したものになるんですが
既に独立してる者同士の会話になると仕事よりプライベートな話が増えます。



仕事関係の人というよりもただの友人のようなノリです。



かずまさんとは好きな作品のタイプも近いし
性格的にも近いなーと感じる部分が多いですね。



やっぱり類は友を呼ぶのかもしれません。
人は自分に似たタイプの人間と惹かれ合うようです。



逆に自分とは合わない価値観の集団に属すと
精神的に無理が来てイライラしてしまうものです。




んで、かずまさんとも話してたんですが
やはり「なりたい自分」になりたいならば
それに相応しい人達と付き合っていかなきゃいけません。




人間は自分の周囲の人達の価値観に
モロに影響を受けてしまうからです。



例えば1日8時間、週5日働くのが『常識』
という価値観の集団に属していると
それ以外の選択肢の存在が見えなくなってきます。
(それが正しいかどうかは別問題として)



正社員になるのが正解…とかも同様。


そういう価値観の集団に属していれば正解になるし
そうじゃない価値観の集団に属すと間違いになります。




そして人間はどんな状況に居ようとも
自分を肯定する要素を探すもんですから


その集団内での『常識』を疑う者が現れようものなら
まるで異教徒を見るかのごとく石つぶてを投げたりします。




例えば僕は中卒なわけですが
キチンと学校に通って就職してる人から見れば


「バカな間違った選択をしたな」


と言われたりもしますけど起業家連中と話しをしていると


「よく学生の頃にそれを思い立ったね」


という風に言われたりする。



もちろんその逆もしかり。




別にどちらが人間的に優れてるとか劣ってるとかそういう意味ではないのですが
もしも自由を目指すのであればそれを肯定してくれる価値観の集団に属すべきです。


そうじゃなきゃ、あっという間に翼をもがれます。





金持ちになりたいのならば
金持ちの人の価値観を得ていかなくてはいけない。



独立したいのならば
独立してる人の価値観を得ていかなくてはいけない。




自由になりたいのであれば
自由な人の価値観を得ていかなくてはいけない。




仲の良い友人10人の収入を足して10で割ると
全員の平均年収と近くなる…という話がありますが
それはつまり、そういうことです。




もちろん今の友達を捨てろとかそういう意味ではないのですが
やっぱりこの業界で成功する人の傾向として
そもそも普通の世界に馴染めない人が多いですね。



学校とか会社とかで友達ができにくい人が多いです。
(つまり友を捨てる以前に友ができない笑)




それは一方の人達から見れば悲しい人生に見えるのかもしれませんが
彼等は決まって「いや、別に要らないからなぁ」とあっけらかんとしているもんです。



自由な人生を歩みたい人にとっては
不自由な世界の価値観に居心地の悪さを感じないのは
かなり危機的な状況と言えるかもしれませんね。





PS.



自己否定ってのも絶対やめた方がいいです。



例えばこういう事を言う人がいます↓



「自分は努力ができない人間で…」

「私は無個性なので…」

「僕は集中力がなくて…」

「オラは頭が悪くて…」

「吾輩は猫並の知識量しかなくて…」

「おいどんには時間がなくて…」

「ワシは年寄りで…」

「余には才能がないので…」



これらの自己否定というのは
裏を返せば自己肯定と同意味です。



例えば自分で「時間がないから」と言ってしまうと
それで許される免罪符が出来てしまうので
時間を作ろうという意識が薄れていきます。



「時間がないから」→「行動できなくて当然」

「年寄りだから」 →「覚えられなくて当然」

「才能がないから」→「他より劣ってて当然」



みたいに。



こうなるとやっぱ成長が止まりますね。




この業界で自由を手にしている人は
前述したような発言をする人はいないです。



逆にそのような事を人から言われることを極端に嫌います。



「その歳での成功は凄いですね」と言われると
「年齢は関係ありませんよ」と反論したくなる。



「才能があって凄いですよ」と言われると
「才能の影響なんてありませんよ」と反論したくなる。



簡単に言うと「努力をしたんだよ」と言いたくなるのでしょう。
(そも気持ちは超わかります笑)




まぁ個人的には周囲からそのような事を言われても
「えへへ~、頑張りました♪ペロッ」ぐらいに
波風立てずにいればいいのにとも思いますが(笑)




何はともあれ、自己否定はネガティブの素だし
言えば言うほど自由から遠ざかっちゃいます。



口にするだけじゃなく頭で考えるのも危険です。



頭の中で一瞬でもネガティブな思考が浮かんだら
即その思考を消去するのがいいですね。




PPS.


そういえばバレンタインということで
彼女がなぜかこんな本をプレゼントしてくれました。

20170215


福本伸行作品の名言集……。



なぜこの日にこれをセレクトしたのか
そのセンスが「常軌を逸してやがる…!」ですが痺れる名言が多いですね^^


福本さんの作品の中の台詞は
綺麗事抜きなこの世の仕組みを上手く捉えてるので
こういうところから価値観を得るってのもお勧めです。