情報商材をアフィリエイトすることで月15万円ほど稼いでいる友人がいます。


彼の売りは高額コンサルレベルの購入者サポート対応です。


「いつでも気軽に相談してください!」程度のレベルのものではありません。


メールで購入者の相談に乗るのは当たり前、
ブログ記事からメルマガ記事まで添削も当たり前

時にはスカイプで親身に相談に乗り
時には購入者一人一人に対して専門のPDFや音声ファイルを作ったりもします。

特にPDFや音声を作ってあげるのは好評だそうです。



これだけ至れり尽くせりのサービスを受ければ
情報業界の相場では大体4、50万円ぐらい掛かります。

安くても20万円。相手の実績次第では100万円以上取られるでしょう。
(僕だったら100万円出されてもやりたくないですが)


一方で彼はほんの1万、2万円ほどの低報酬で
これだけ馬車馬のように働いてくれます。


最近じゃ購入者さんも増えてきたのでサポート対応で丸1日終わることも多く
ブログやメルマガを書く暇がないぐらい忙しくしているそうです。


そして彼はこんなことを言っていました。


「自分のように下積みがない人間が他人より頑張るのは当たり前。
この調子で伸ばして月収100万円と自由を目指したい」


僕はこれを聞いて、このままじゃこの人は月収100万円も
自由も手に入らないだろうなぁと思いました。



彼が今やっていることは時給で働いてるアルバイト店員が
シフトの時間を増やして月収100万円や自由を目指してるのと同じです。


簡単に言うと彼の収入を支えているのが
肉体労働メインになってしまっているのです。

※肉体労働=自分の時間、労力で行う仕事のこと


この先、彼は収入が増えれば増えるほど
サポート対応に時間を奪われることになります。


今の収入ですら丸1日潰れることがあるなら
月収100万になったら瞬きをする暇すらないでしょう。


当然眠る時間も、食べる時間もありません。
トイレに行く時間もお風呂に入る時間もないかもしれません。


それを承知で今のサービスを維持して顧客を増やし続ければ
一人一人への対応の質が低下していくでしょうし
結果的に彼もお客さんも損する事になるでしょう。


1日は24時間と決まっているし、彼の体力にも限りがあるので
彼が今の仕事量のまま月収100万円まで伸ばしたければ
伊賀か甲賀の忍者に弟子入りして早急に分身の術を取得しなければなりません。



一言で言えば彼がやってることは対価に見合っていない。
顧客満足度を上げるためにひたすら自分が損しまくっています。
(人生の時間をどんどん失っている)


それはビジネスではなく慈善活動です。


慈善活動をしたいならそれでもいいですが
彼はもっと自分のことを考えた方がいいですね。

嫌われないことが目的になっちゃいけません。


あくまで仕事(ビジネス)なわけですから動く分だけ正当な報酬はいただくべきだし
肉体労働で支えるような仕組みを収入のメインにすべきではありません。


自由を目指すなら、1秒も働いちゃいけないです。



サービスを安売りして薄利多売をやるのは
個人ビジネスには適したやり方じゃないですね。

そういうのは資金や労働力を大量に確保できる大企業じゃないと難しいです。



PS.

もう1つ、彼が間違ってるのは頑張り所です。


「下積みだから頑張るのは当たり前」とは言いますが
努力というのは何でもすりゃいいものではないです。


例えばビデオ屋の店員がDVDを棚に戻す時間を10分から5分に縮める努力をしたからといって、それで大金持ちになれることは一生無いでしょう。


社員に昇格できて月収が数十万上がることは
あるかもしれませんがそれ止まりです。


当然、自由は得られません。
(むしろ責任も労働時間も増える…)


彼はサポートに時間を取られるあまり
ブログやメルマガを書く時間がないと言ってましたがまさに本末転倒というやつです。


月収100万円や自由を本気で目指すなら
彼はもっと自分の為に頑張るべきですね。


サポートに本気になるのが悪いとは言いませんが
購入者が質問しそうなことを前もって特典として用意したり
サポート無しでも困らないようにカバーしておけば
もっと時間を節約できて一人一人への対応の質も向上しつつ
多くの顧客を受け入れるキャパも広がるはずです。


自分のキャパシティ以上の供給をしようとすると
結果として自分も相手も損する結果になりますので気をつけたいですね。


PPS.

そういえばドミノピザで以前こんなことがありましたな。

↓ドミノピザ クリスマスの地獄絵図↓
https://matome.naver.jp/odai/2148257688717008401

サービスに供給が追い付いていない地獄絵図の様子です。
怖い怖い。