たつもんです。



少し前の話になりますが
知人が野外イベントを開催するというので
友人と一緒にそれを見に行ってきました。


この話に出てきた友人です
ネットで収入を増やす、大きく稼ぐ方法~アフィリエイト編~


バンドマンとか大道芸人とか地下アイドルとか
そういう夢追い人が多く集まってドンチャン騒ぎするイベントです。
出演者にも知り合いが結構いたんで楽しめました。



イベントの後には関係者で打ち上げがありまして
流れで僕もちょこっと参加したのですが
一緒に行った僕の友人が結構いじられていました。



↑の記事でも書いてますが、彼は金にウルサイです(笑)


例えばこういうイベントに参加したとしても
「チケットがこの金額ならどのぐらい集客すれば利益になるの??」
というような計算ばっかりしています。



あと、やっぱネットビジネスが胡散臭いからなのか
その場にいる女の子や出演者の方々からは


「まるで人間味がねーなー」
「お金だけが全てじゃないでしょーw」


と、いじられていましたw



そんな場で、別のとある友人の一幕の話。



その友人は10代の頃からかれこれ10年以上
ジャンべという楽器の演奏者として活動しています。
(アフリカ?の打楽器です)


彼はフリーの奏者として活動していますが
中々インパクトがある楽器ですので
アマチュアポップバンドとコラボをしたり
あるいは町のお祭りで演奏したりしています。



10代の頃は「これで喰っていく」と目を輝かせてたのですが
やはりマニアックな市場って難しさもありますから
同級生たちが就職するタイミングで彼も右へ習えで就職しました。



彼もそれは不本意だったらしく
「いつかは音楽一本で喰っていく!」と言いながら
本人曰く、別に好きでもない営業マンという職についてます。



彼としては「どうせ成功するまでのつなぎ」みたいな感覚だったので
仕事が楽しいかとか好きかとかは考慮せずに
プライベートで音楽をやる時間を
確保できるかどうかを優先して選んだそうです。



ただ、現実って非情なもんです。



彼は今の職について約数年の時が流れましたが
不況の煽りか、中々プライベートな時間を確保できません。



営業職だけでも中々大変だとは思いますが
会社に戻れば事務仕事もこなしたり
現場リーダーとして新人の面倒も見なきゃいけないんだとか。


後輩の面倒を見ている手前
責任感から仕事を辞めることもできないらしいです。



束の間、土日のどちらかで休みができたら
こういうイベントに参加して楽器演奏してるいます。


「えー、でもそれじゃあ休みは無いんですか?」
とその場の女の子達に言われて、彼はこう答えました。



「でも、音楽は金のためにやってるわけじゃないからね」


おぉー!カッコイイー!と周囲は盛り上がっていました。



それを見て僕の友人はこっそりと僕の耳元で
「ごめん、この空間無理やわ」と伝えてきました(笑)



てことで友人に合わせてコソコソ帰宅することになったんですが
まぁしかし、僕も寒気がしたというのが本音です。



お金を稼げないことってカッコイイですかね?



別にお金を稼げないからって
カッコ悪いということはないとは思います。



ただ、冷静に見れば彼は
金のために好きなことはやらないと言いながら
金のために好きでもない仕事を汗水垂らして行ってるわけです。



「金の為にやってない」と発言してカッコよくなるのって
「稼ぐことができる」人だけです。


例えば広島カープの黒田選手が
「金よりカープを選ぶ」と言って広島に戻ってきたことは
確かにカッコイイと思うし、すげぇなって思います。



彼は広島カープより遥かに高い給料を用意した他球団の誘いを蹴り
税金の支払いすらできなくなる給料の広島カープを選びました。



それは道を選べるから美談になるのであって
道を選べない(そもそも金にならない)のであれば
「金のためにやってない」と発言しても



じゃあ、金のためにやればそれだけで喰えるってこと?
とツッコミたくもなりますからね。



僕の友人から見ればカッコつけて
「稼げない」という事実から逃避しているように見えたようです。


それに加えて「それが美しい」というその場の空気に対して
どうしても居心地が悪くなってしまったんだとか。
(彼は散々いじられてましたからね笑)



冒頭でも書きましたが僕の友人は金にウルサイです。
ほんと、ケチで細かくて金の話ばっかしている男です(笑)



ですが彼は「自分が幸せになる」ために全力を尽くしています。



お金を稼ぐためにお金を使うというのも彼の特徴です。
それは以前の記事でも書いた通り。

ネットで収入を増やす、大きく稼ぐ方法~アフィリエイト編~



自分が本当に歩みたい人生を歩むために
自分がやりたいことを精一杯楽しむために
そして愛する彼女の人生を精一杯楽しませるために


人よりも長い時間、お金のことを考え
そしてお金のために行動しています。



実際、彼がネットで稼ぐようになって最初に行ったのは
彼女に対して「財布は俺に任せろ」と伝えることです。



そして、見事有言実行し彼女を日々の労働から解き放ち
今では定期的に旅行に連れていったりと幸せそうです。



というか彼がネットビジネスを始めた動機はそもそも
彼女さんが仕事の辛さで悩んでやせ細っていくのをみかねて
「何とかもっと傍に居てやれないか」と考えたからなんですよね。




金のために行動するのはカッコ悪い
金のために行動しないのはカッコ良い



↑こんな図式がこの世にあるのは解りますが
両者を比べた時にカッコイイのってどっちでしょう。



僕には毎日精一杯お金のことを考えて
自分と彼女を幸せにしてる友人の方がカッコ良くみえます。



好きでもない仕事を「金のために」とやっているのが
美しい生き方だとは到底思えません。



…まぁ、昔の僕がまさにそんな感じでしたから(笑)
過去の自分への嫌悪感でもありますね。



まぁただ、彼はちょっと過激に反応し過ぎだと思いますけどw


その前に自分のことをいじって落とされたので悔しかったんでしょうね。
(彼は自分から「こんな理由で仕事してる」とか言いませんから)



もちろん、趣味や特技でお金を得られないからって
それがカッコ悪いとは全然思わないし
好きなように生きればいいと思います。
(どう生きるかは個人の自由です)



ただ趣味や遊びを楽しむにしたって
その為にやりたくもない仕事をやるというのはかなり修羅の道です。
高確率でメンタルをやられるか、時間がなくなりますから。



フリーの時間を好きなように確保できて
好きなだけ趣味を楽しむというのも現代なら絵空事ではありませんので
そういう道を模索してみるというのも1つの手です。



例えば僕は今年の上半期はほぼゲーム作りして遊んでましたし
新しいパソコン買ってからは絵を描く勉強ばっかりで
1カ月以上、仕事に手をつけない事とかもありますが



自分が労働しなくてもお金を稼げる仕組みを作ってしまえば
それはそこまでハードルが高いことではありません。



ド素人からでも正しいやり方と思考で半年から1年も行えば
バイトとか会社の収入を超えるぐらいは十分に射程圏内でしょう。


参考程度に、僕が0からスタートでやった事とかは
メルマガでの配信してるんで興味あればチェックしてみてください


ネットで稼いで自由になる方法を教えるたつもんのメルマガはこちら



ではでは。



PS.



趣味や特技をお金に換えるっていうのも
今の時代じゃそんな難しいことじゃありません。


例えばこういうのね
ディスカバリーアカデミー(小澤竜太)のレビュー


結局は「知らない」ことで損してる人が多いだけで
「知って」れば案外色んなスキルや体験がお金になるもんです。


…で、その方法を人に教えれば
それによりさらにお金を稼ぐこともできます。



ギターを弾ける人が、ギターの弾き方を教えてお金を稼ぐ感覚で
お金を稼げる人が、お金の稼ぎ方を教えるという感じですね。



お金の稼ぎ方を知りたい人なんて石を蹴れば当たるほど溢れてるんだから
その方法を「知ってる」人は今の時代じゃかなり強いです。
(個人と個人がネットで簡単に繋がれるため)