たつもんです。


ここ最近、度々記事で書いている友人がいます。

この人のこと↓↓
特技や趣味で稼いで楽しく生きる様子とその思考


彼は絵を描くスキルを活かして
ブログからお金を稼いで生活しています。



しばらく会っていなかったので久々に電話したのですが
独立してから、毎日が楽し過ぎて仕方ないみたいですね。


まるで子供みたいに、聞いてもいない事まで
ベラベラと2~3時間延々と話してくれましたw


とにかく、彼は今人生が楽しそうです。


そりゃあ、毎日朝から晩まで
大好きな絵を描いてそれで生活ができるわけです。


フットサルが好きな友人が
フットサルばっかやってるエピソードも前に話しましたが
好きなことをやってる時が人間は一番輝きます。



そして、彼が声を輝かせてこんな提案をしてきました



「一緒にゲーム作ろうよ!」



僕がシナリオとプログラミングを作り、
彼がグラフィックとキャラクターデザインをし、
他の友人がBGMなどの音楽を作って
完全オリジナルのゲームを作ろうぜ!という提案です。



一昔前の時代だったら
こんな計画は気軽に話せるもんじゃありませんが
今の時代なら、軽いノリで本当に作ることができます。



さらに僕らは、それをお金にするスキルも持っています。
しっかりと収益を出すこともできるでしょう。


ほんと、個人に優しい時代ですね^^


例えば本当にゲームを作るとするならば
アマチュアの声優さんとかも起用したいです。


個人でブログやって活動してる人たくさんいますし
実力は「プロ並みだ!」て人もたくさんいます。


ミュージシャンとかもそう。
CDデビューもしてないしプロでもないけど
感動的な歌を作れる人は超多いです。


BGMを作る…とかもそうですね。
ブログとかで無償提供してる人は多いです。



ネットが発達したことで
色んなクリエイターの存在を手軽に知ることができるし
ほんと多くの人が色んなスキルを持っていることが解りますね。



ただ、勿体ないなーとも思います。


だって、そのスキル、十分にお金になるのに
スキルでお金を1円も稼げてない人の方が圧倒的多数なのです。



絵描きの友人の彼も最初はそういう「勿体ない人」でした。



大好きな絵だけを描いていきていきたい

できれば絵を仕事に活かしたい



↑彼もちょっと前までは
こんなことばかりをつぶやきながら
呪われたように塗装屋で働いていたわけです。



絵で生きていきたいという願望はあったけど
その方法を『知らない』がゆえに
彼は何年も、何年も塗装屋でペンキを塗ってました。



彼は当時のことを思い出すと
「ほんと、無駄な時間だった」
ということをいつも言います。



塗装屋さんの事は僕はわかりませんけど
少なくとも、彼がやりたい事ではなかったのでしょう。



ただ彼は、自分のブログを収益化する方法を『知った』ので
毎日うぜぇぐらいにキラキラ楽しそうに生きてます。


難しいとか、才能がないとか
そういうことじゃないんですよね。


『知ってる』か『知らない』かの違いだけです。



彼は絵のレベルがまだお金を貰う域に達してないから
お金を1円も稼げなかったわけではありません。


ただ単に「知らなかった」だけです。
ブログを収益化する方法というものを。



彼は僕の進めでとある教材を買ったんですけど
その後は、2ヶ月もせずにそのサイトから10万円稼ぎだしました。
(元々、それなりにアクセスがあったからというのもありますが)


2ヶ月で急に絵がプロレベルになるわけないですよね。
つまり、重要なのは「そこ」じゃあないんです。



ブログやメルマガなどの媒体を
マネタイズする方法を知ってるか否かという違いだけです。



自力でお金を稼ぐスキルを知ってる人は強いですよ。



例えばアーティストなら
大手事務所に入ってマネジメントしてもらわなくても
個人でブログとかでいくらでもマネジメントできるし


事務所とかに所属してるアーティストよりも
何倍も良いお金を稼げたりします。
(収入は全て自分に入るので)



同じように今の時代では
会社に勤めて束縛されて給料貰わなくても
給料の何倍ものお金を自力で稼いだりできます。



実際、僕はバイトをやめたことによって
半年で収入が10倍以上になりましたし
僕以外にもそのような人は多分、何百万人もいます。




「でも、自分は絵とか歌とかのスキルないしなぁ」
って人もいるかもしれませんが、まったく無問題です。



先ほども言ったように「そこ」のスキルは別に重要じゃないです。



例えば僕が知っている人だと
映画のレビューサイトで儲けてる人がいます。


あと、近所の食べ物屋さんに行きまくって
食べ物屋情報サイトとか作って稼いでる人もいますね。



彼らがやってんのって、
映画みて感想書いたり、食べ物食べてるだけです。



当たり前ですが超絶な文章でレビューを書くわけでもなく
料理人もビビるほどの舌を持ってるわけでもないです。


ただの人です(笑)



彼らの人は「ただの人」ですが
その他の人達と決定的に違うのは


『ブログを収益化する方法を知ってる』
っていう点だけですね。



当然みんなお金出して教材とか買って勉強したんですけど
まぁ、それだけの価値は十分にあったことでしょう。
(2万円払っても何百万とお金稼げるんだから)




絵を描いたり、映画のレビューしたり、食べ物食べたり
彼らは自分が好きなことだけやって生きてます。


僕もそうですね。
基本的に好きなこと、楽しいこと以外はやりません。



これはアフィリエイトのみのメリットであり
ネットオークション、せどり、FXなどでは得られませんね。


以前も書いたように、アフィリエイト以外は自由度が低いです。

参考記事
ド素人の頃のオークション転売、アフィリエイトの経験談



ともあれ、人は本来自由です。


元々そう思っていましたが
絵描きの彼を見ていると余計にそう感じます。


今のイキイキとした彼の姿と
以前のどんよりと薄暗かった彼の姿と


どちらが本当の彼なのだろう?と考えると
間違いなく、今のイキイキした姿の方でしょう。



仕事の為に、趣味や夢を犠牲にする必要はないです。


辛いことを我慢して無理して笑顔作る必要はないです。


理不尽に耐えないとお金を貰えないわけでもないです。


仕事は辛くてキツいもの、というわけでもないです。



「知る」という扉を開けた先には
全ての常識が覆る世界が両手を広げて待ってますよ。




では。



PS.


ちなみにゲーム作りに関してなんですが
結局、断りましたw


それ、みんなでやる必要なくね?というね。


正直、絵を描くことも曲を作ることも
僕は一人でできちゃいますので
他人と提携するという意味があまりありません。



ただ「声優さんにボイスを入れてもらう」というのは
僕には絶対にできないことですので
本気でいつか依頼とかしてみたいなーと思いました。


ただ、その際はキッチリと
ギャラ交渉ができる相手と行いたいですね。


「無償で提供します!」


というのは、ありがたいより先に怖いです^^;


後々、揉めたりしそう。
ていうか無料とかギャラ無しでの契約で
揉めてきた人達を今までたくさん見てきました。



安かろう、悪かろうという言葉があるように
やっぱちゃんとした仕事してる人って
仕事に誇り持ってるからお金取りますからね。



アフィリエイトの業界でいえば
無料オファーというのがまさに怖い代表例。


無料=質が悪いどころか、こちらまで不幸になる


というのを見事に勉強させてくれますw


ほんと無料オファーに関わった人って
販売者も、お客も不幸になる事の方が多いです。


お客は、何十万円もする意味不明な高額商品を掴まされて
ただただ絶望して露頭に迷うしかありませんし


販売者は炎上クレームでネット上に居場所がなくなり
それどころか現実世界での就職活動までできなくなります。
(ネットで検索すればその人の名前で悪評がズラリ…とかね)



今日の記事で「知ることが大事」と書きましたけど
だからって無料オファーとかに手を出すのはやめましょうね。


得られることがない所か、搾り取られる恐れもあります。


それに50万、60万とかブログで稼ぎだす方法を知ることは
何も何十万円もの大金を払わないと学べないわけではないです。


教材とか買うにしても2~3万円の投資で十分基礎知識は得られます。



ではでは。