たつもんです。


前回、僕の友人とのエピソードの中で


●自由になりたいならまず、雇われる以外の収入源を


という話をしました。


前回の記事はこちら
「今より自由で働きやすい職場に転職…」は中々上手くいかない



で、その中でも近年増えてるのがネットビジネス。



起業っていうとかなりハードル高そうだけど
ネットビジネスだとハードル低いですからね。


例えばオークションでの転売とか。


ヤフオクとか見てみれば解りますが
ほんと、たくさんの人が実践してます。



僕がやってるのはアフィリエイトですけど
アフィリエイトで稼いでる人もすごくたくさんいます。



何か気になって検索して情報を調べてみると
ほっとんどのサイトが広告貼ってたりしますよね。



例えば「●●(番組タイトル)感想」とかで調べると
今や、1ページ目はまとめサイトしかありません。
そしてまとめサイト運営してるのはほぼアフィリエイターです。
(中には違う人もいるかもですが)



…で、僕は職業柄そういう人達(アフィリエイター)との絡みも多いわけですが
そのほとんどが、ごくごく普通の人達。


Tシャツに短パンで、街に溶け込んでるような一見ニートな人とか
その辺のファミレスで雑談してる大学生と変わらない男の子とか
休日にイオンでベビーカー押してるお母さんとか


そんな感じだったりするわけです。



起業してる人…というとなんだか
スーツ来て腕組んでドヤ顔してるような
そういうのをイメージする人が多いですけど、そんな奴は
語尾に「アル」をつける中国人キャラと同じぐらい見かけませんw



つまり、それぐらい参入のハードルが低くて
ネットに流れてくる人は年々後を絶たないというのが現状。



…しかし同時に「ネットから離れていく人」が多いのも現状です。



世の中のアフィリを教えてる人とかだとね、
このことについてあんまり触れてなかったり
意図的に隠そうとする人もいるんですけど


僕が体感してる感じだと、
アフィリエイトを始めて1年残る人は10%もいません。



よく「90%は月5,000円も稼げない」みたいなことも言われますね。


このデータは古いんで
実際は多分、50%ぐらいだと思うんですけど


ただ、90%が月5,000円も稼げない…だとしても
そんなのは別にどの業界だって同じなわけですよ。


お笑い芸人なんか、もっとシビアですし
バンドマンとかだってそうでしょう。



でも、芸人とかバンドマンは
売れなくても5年10年と続ける人も多いけど
アフィリエイトの場合は最初の1年での離脱率がめちゃくちゃ多いです。



なので、世の中のアフィリブログの数の多さに対して
実際のライバルの数はそんなに多くなかったりもするわけです。
更新が止まってスカスカなサイトの方が遥かに多いですから。



まるで、田舎の商店街のような光景ですね。


「あぁー、昔ここで店やってたんだろうなぁ」
みたいに、何だか物悲しい夢の残骸がネット上には溢れています。



で、僕はそのような人と話しを聞く機会も多いので
たまに相談に乗ったりとかするんですけど
1年以内に辞めていく人が多い原因はハッキリしてます。



つまんねぇから(好きじゃないから)



↑ほぼ、これ以外にはありません。



アフィリエイトを始めよう!と思う人って
主に2パターンがいます。


●今の会社が辛すぎて辞めたい(自由がほしい)
●生活を支える為に空いた時間で副業したい



↑このどっちかなんですけど、やはり
「普通のバイトとかが嫌だから」という人がほとんどです。



つまり「嫌だから⇒やめたい」という考えで
ネットビジネスの世界にやってくるんですね。
(これ自体は全然悪くないし良い発想です)



でもブログに記事書いて、アクセス集めて…とかがつまらない。
特に好きでもない、関心もない話題のことを
リサーチして書いたりするのが死ぬほどつまらない。



元々、仕事が嫌で辛くて辞めたいからアフィリ始めたわけだから
記事を書くのが嫌で辛いなら、辞めたくなるというのが普通なわけですね。



「全然稼げないから辞めたくなるのでは?」
みたいに思う人もいるかもしれませんが
それはちょっと違ったりもします。



アフィリエイトやってて「楽しい」「好き」と思ってる人は
全然まったく稼げてなくても、やめません。
なぜなら、デメリットになっていないから。


ゲームやってる時みたいな感覚ですね。
金になる云々じゃなくて楽しいから続けるという。



バンドとかお笑いとかもそうですよね。
「音楽が好き」「お笑いが好き」という気持ちがあれば
売れない下積み時代でも苦もなく続けられるわけです。
(まったく苦がないわけではないと思いますが)



スポーツとかもそうで、
サッカーのことが好きで好きでたまらない人なら
例え筋トレが辛くて嫌いでもサッカーをやめたりはしません。



でも、サッカー自体が嫌いならば筋トレの時点でやめたくなります。


アフィリエイトも同じで
アフィリエイトという仕事そのものが嫌いだと
上手くいけばお金になるとわかっていても
途中でやめていくというのが自然なことなのです。



これは、辞める人は考えが甘いとか、根気が無いとかじゃなく
ただ単に向き不向きの話だったりします。



もしも仮に、あなたがアフィリエイトをやっていて
今まさに「もうやめたい」状態だったとしても
それは自分が駄目とか教材が良いとか悪いとかじゃなく
『向き不向き』というのが一番疑うべきポイントです。



つまり、そもそも楽しいと思えているか?好きだと言えるか?という点です。




そうやって冷静に考えてみると…


「あぁ、確かに自由になれるのはわかるけど
 たつもんみたいにビジネスの情報発信するとか
 そういうの気が乗らないし、好きじゃないわ」



って人もいると思うんですね。



僕はよくトレンドアフィリエイトの実践者とかから
そういう相談をもらうことがあります。


「芸能とか興味ないんで、記事が思い浮かばなくて辛くて…」


というように。



でもやっぱ僕が伝えたいのは



こんな自由度高くて面白い仕事は他にはない



ということです。




「興味ない話題は辛くて」という人のほとんどは
教材だとか、人の教えとかを絶対視し過ぎです。


「だって、教材には芸能で書けって書いてありますよ?」


とか、そんなん無視していいです。



冒頭でも少し触れてましたけど
世の中にはほんとにたくさんのアフィリエイターがいて
アニメだとか野球だとかゲームだとか何とか
みんな好きなことを好きなように発信してますよね。



「書きたい話題は選べる」「売りたい商品も選べる」



これが、アフィリエイトの最大の魅力です。


芸能に興味ないなら書かなきゃいいし
アニメが好きならアニメについて書けばいいんですよ。



アニメでも進撃の巨人だけが好きなら
進撃に関してだけ書いていればいいです。



それで生活してる人とかたくさんいますから。




普通の会社員とかバイトなら、こういうのはまず有り得ません。
仕事の内容なんて既に決まってるわけですから。



好きなことに関して、好きだって思う気持ちを書く
そしてそれがお金になる


こんな素晴らしいこと、無いじゃないですか^^



例えば、前にこの記事でも書いたんですけど

トレンドアフィリに多い「記事書けなくて苦痛」の解決策


僕がラブライブに関して書いたのを見て
「こいつ無理してるな」と思った人はいないと思うんですね。



「好きなこと書いて、そこから収入得られていいな」



と思った人が大半なはずです。



別にこれは自慢がしかいとかではなくて、
アフィリエイターは日常の全ての体験をお金に換えられます。



「アニメを見た」でもいいです。
「映画を見た」でもいいです。
「友達と喧嘩した」でもいいです。
「感動して泣いた」でもいいです。
「上司にムカついた」でもいいです。


朝起きた、お昼を食べた、昼寝をした、散歩をした、電気を消して寝た



普通なら何てことない日常であり
ただ単に時間が過ぎていくだけのことですが


アフィリエイターはその『体験』を発信することで
そこからお金を生み出すってことができます。




文字を書くのが嫌いとかなら
アンテナサイトでもアプリ制作でもYou Tubeでも何でもありでしょう。
文字を書かなくてもいいジャンルなんていくらでもあります。



ただもちろん「書けないから避ける」のであれば
生み出せるコンテンツが限られてしまいますので
稼げるお金も少なくはなります。



理想は「書けない」を「書ける」にスキルアップすることですね。


文章を書くなんて事は所詮はスキルですので
練習すればするだけ楽になっていきますし。



「書けない」が「書ける」に変わると鬼に金棒で
好きな話題からいくらでも現金をジャブジャブ生み出せます。


それこそ、月に100万円、200万円とかね。



もちろんお金を稼ぐ為に必要なスキルは文章だけではなく
キーワード選定とかブログカスタマイズとか色々ありまして
むしろ、そっちの方が重要です。



曲作れる人は死ぬほどたくさんいるけど
曲で稼げてる人は極少数という理屈と同じですね。



文章を書けるだけでは駄目で
それを「お金にする」というスキルも身に付けないといけません。



だけど、そのスキルが身に付いた時、人生はかつてないほど輝きを放ちます。



『好きなことして生きてる』



ってのは、とんでもない輝きなのです。


もちろんそれは、想像してみればお解りになることでしょう。



実際に僕も今は「好きなこと」しかしてません。

朝から晩まで、嫌なこと、嫌いなことはしません。



テレビを見たい時はテレビを見る。

ゲームをしたい時はゲームをする。

散歩をしたい時は平日の昼間から公園にでかける。

お腹が空いたら出前でも取る。

出前の気分じゃないなら車飛ばしてどっか食べにいく。

仕事はやりたくなった時だけやる。




基本的に、気分のままに生きています。



もちろんただフラフラ生きているだけなら
ニートとかと違いがありませんが


僕らアフィリエイターという職業の場合は
『その全ての経験からお金を生み出せる』わけです。



コンテンツを用意する

お客さんを集める

売る


この3つのスキルが身に付けば
そういう人生を歩むことは可能になります。




少なくとも


名刺交換の礼儀作法とか
社会人としての立ち振る舞いとか
飲み会で上司を立てるトーク術とか


そんなことよりは人生を豊かにしてくれるスキルでしょう。




とは言ってもサラリーマンは駄目とか
雇われてるから負け組とかは全然思わないですけどね^^


何度も言うように僕の親も親戚もサラリーマンですし
だからって彼らが人生の負け組とは思いませんし。



ネットで稼いでる人ってちょっとそういうとこありますからねw


「雇われてる奴は駄目」「今どきネット以外の稼ぎ方はクソ」
みたいなことを思ってる人も多いし。



でも、仕事なんて何でもいいんですよ。
要は「俺は幸せだ!」と思いながら生きれてるかどうかが最重要で。



年収200万円でも、嫁がいて子供がいて、
毎日暖かくて幸せだっていう人はそれで正解だし


年収2,000万円でも、毎日死ぬほど忙しくて
精神が疲弊しまくって何も楽しむ気力がないなら僕は嫌です。




でも、今の日常に精神的な不自由さを感じているなら
それを解決する術としてアフィリエイトは1つの選択肢である。



という感じです。



事実、僕は死ぬほど不自由で毎日誰かを呪い殺す勢いだった生活を
一変させることができたんですから。



いつも、決め台詞のように繰り返していますが
これは僕だけの物語ではなく、みんなの物語です。




「好きなジャンルで稼ぐ!」と言っても
モノ作りとかは結構ハードル高いですけど


アフィリエイトならハードルは高くないんで
興味あるんならお勧めですよ~




では!




PS.


最近、書いてみた新しい記事はこちら

1ラウンドアフィリエイトの真実を本業目線でバッサリレビュー


初心者向けにお勧めされている
物販アフィリエイトの教材なんですけど……。


内容が悪いとかじゃあないんですけど
販売ページでハードル上げ過ぎてるせいで
相対的に印象悪くなってんじゃないかなーという印象ですね^^;



もちろん「アフィリエイトってこういうもの」という事を
手っ取り早く知るには全然悪い内容ではありませんし
むしろ解りやすく、丁寧な内容だとは思います。



価格も1万円未満と安いですし。



こちらは興味あったら、チェックしてみてください~



ではでは。