たつもんです。


ゴールデンウィークも数日過ぎましたね。


連休だーー!という人もいれば、その逆に
いつもより忙しいって人もいるかと思います。


昔の僕の場合、接客業でしたので
ゴールデンウィークはいつもの倍忙しかったです(笑)



今じゃ「連休でもない」「忙しくもない」状態ですが
やはり僕にはこの生活がとても合っていますし


アフィリエイトって楽しい仕事だよなー


というのを、最近は常々思います^^



バイトはやってて全然楽しくなかったけど
今の仕事は「楽しい」んですよね(笑)


バイトの8時間は苦痛で苦痛で
1分おきに時計を見ては「時間の進み遅っ!」とか思ってましたが


今の仕事での8時間は「げ、もうこんな時間か…」みたいに
気付けば過ぎちゃってることが多いです。
(8時間やってることすら稀ですが)




そんなこともあり、ここ最近、本当に強く感じるのは
『楽しくないと続けられないな』ということ。


確か、前にもメルマガとかで話しましたが…。

たつもんのメルマガはこちらです



「好きこそものの上手なれ」…じゃないですけど
人間やっぱ好きだから頑張れるものですよね。



好きだから、楽しいから、ガンガンできる
嫌だから、辛いから、やりたくない



恐らく、この図式に異論ある人はいないでしょう。


仕事の場合は、しゃーないです。
嫌でも辛くても、やらなきゃ生きていけませんから。


僕だって嫌で、辛くて、心から面倒でしたけど
ゴールデンウィークにレジ打ちしてましたしね(笑)



でもバイトみたいに時間経てばお金が貰えるとかならまだしも
そうじゃないことは「好き」じゃないと継続できません。


マラソンとかも好きなら良いですけど
嫌いなら絶対やりやくないじゃないですか(笑)
キツイ、辛い、苦しい、足痛い…というね。



でも「好き」なことだと「もうやめなよw」と言われるほど
時間を忘れていつまでも出来てしまったりする。


例えばゲームとかギターとか…何でもいいんですが。


誰に頼まれたわけでもなく自分で課題を決めて
気付けばもう朝……みたいなことありますよね。


ですがこの時「努力した」とか「頑張った」とか
そういうことすら考えてなかったりもするわけです。


まさに、夢中でやってるうちに時間が過ぎちゃった…状態



楽しいから⇒やり過ぎて⇒結果として伸びる


アフィリエイトでもまったく同じだなーと感じます^^


「書くのが楽しい」「見てもらうのが楽しい」
という人は、勝手に伸びていくんです。


多分、僕が妨害をした所で止まらないでしょうw



僕が教えてる人達の中でも報酬が上がってる人は
「好きだから止まりません」オーラがハンパないんですよね。
(実際、どうなのかはわかりませんが)


アフィリエイトは会社のように面接採用ではなく
自ら0からスタートしていくものなので
普通の会社員よりも「好き」の気持ちの重要度がでかいです。


会社員の場合はいいんですよ。


嘘でも「好き」って言って面接さえ受かれば
後は大嫌いだろうとも属してればお金は貰えますから。
(出世とかは厳しいかもしれませんが)


ただ、アフィリエイト(個人事業)の場合はキツいです。
嫌いだと続けることが困難になりますから。



仮に嫌々ながらやって稼げたとして
ならば会社員とさほど変わりはありません。


保証がある分、会社員の方がマシかもしれません。



ただ、アフィリエイトをやっている人でもやはり


「記事を書くのが苦痛になってきました」
「書けない時間が長すぎて挫折しかけてます」



というような人はかなり多く。
実際、僕の元にも相談が届いたりします。



もちろん向き不向きというのもありますし
元から「こんな事やりたくない」とかもあると思います。


なら、アフィリ以外のことをやるか
文章力が不要な市場にチャレンジした方が良いです。




ただ、多くの人は「元から嫌い」ではなく「嫌いになった」なんですよね。



例えば、そういう相談をしてくれる人に対して
「なんでそうなったの?」ということを深く聞いていくと



原因となってるのは、高確率で「書けないから」ということです。



特にトレンド系にとても多いのですが
最初はガンガンと10記事20記事と書けていたけど
次第にネタ出しが難しくなって手が止まるようになり
気付けば「書けなくて苦痛…」という状態。



つまり書くのが苦痛…ではなくて書けなくて苦痛…なのです。



で、この気持ちは超分かるんですよ^^;


僕も今までの人生で何度もそういう経験あるし
多分、経験無い人はいないでしょう。


例えば運動系の部活とかでも
小学生の頃は普通に楽しくやっていたけど
中学生になって、みんなと同じようにできないから
どんどん苦痛になってしまう……など。



アフィリエイタが作業が苦痛になる理由は主に2つ。


●書いてるジャンルそのものが嫌い
●記事を書く手が止まる、時間がかかる、悩む時間が多い



ジャンルが嫌いな場合は、先ほども述べたように
ジャンル自体を変えちゃえばいいです。


アフィリエイトなんてどんなジャンルでもできますから。


書けなくて苦痛…という人は悩みを解決するには
書けるようになる…しかありません。


アフィリエイトやるなら死活問題ですからね^^;


でも文章を書くってのは要は慣れですし
最初は自分の中で「テンプレ」みたいのを作ると楽だったりもしますよ。


「こういう風に書く」という一連の型ですね。


例えば、最近見た中でかなり良かったのは
別の記事で書いたこちらの教材

アフィリて記事書くの辛くない?て人に文才ゼロから始めるweb記事執筆術が良い理由


文才ゼロなんかはまさにその典型ですし
初心者が学びやすいって意味ではかなり良いかなーと。


もちろん導入するかどうかとかは個々の自由ですけどね。

「書けない」ということに対して
どれだけ危機感感じてるかは人それぞれですから^^;



でも危機感がデカすぎて「ヤバイ」と思ってるなら
目を通してみて文章への意識を変えてみるのも良いです。


意識が変われば行動が変わりますから。



と、まぁ文才ゼロを手に取るかどうかは別として
文章がスラスラ書けるとほんと楽しくなってきます。


日常の体験すべてが、発信のネタになるからです。


例えば僕の場合で言うと
↑の文才ゼロの記事にも書いたんですが


ゴールデンウィークの特別企画として購入者サイト内にて
ラブライブに学ぶビジネスっていう記事を
全3回で引くほどの長さで書いたんですねw
(PDFにすると80ページぐらいの長さで笑)



で、これを見て

「こいつ、辛そうに書いてるなぁ」

て思った人はいないと思うんですよ。



「好きなことを好きなように書いてんなぁw」


と思った人は多いと思うんですけどね(笑)



で、文章を書いてて楽しい…とはこういう事で
好きな話題を使ってガンガン書けるということです。


興味あることを話題にすればやっぱ楽しいですしね^^



しかもアフィリエイトならば
それをビジネスと絡めた話題にすることにより
ただの自己満足ではなく『役立つ記事』にもなります。


そこから、お金が発生したりもするわけです。


実際、例のアニメから得たことで書いた記事から
既に何本も商材が売れていますしね。



好きなことを楽しく書いてお金を稼げる…



となれば、やっぱ良いですよね^^


記事を書くのが苦手で苦痛…という人も
書けるようにさえなれれば
そういう風なライフスタイルも射程圏内ってことです。


前述したようにジャンルなんか変えればいいんですから。


セールスが嫌いならトレンドにいけばいいし。
芸能トレンドが嫌なら、好きなことの特化サイト運営すればいいんです。


いくら稼いだか?というのも大事ですけど
それ以上に人生の満足度を左右するのって


「今、どれだけ楽しんで生きてるか」


ですからね^^



参考程度に。
ではでは。