どうも、たつもんです。



最近、自己管理の大変さを強く感じます^^;


この仕事は自由なのが良いことですが
自由過ぎるとほんと歯止めが効かなくなるんですよね。



「寝る時間も自由」
「起きる時間も自由」
「仕事するかしないかも自由」
「何を食べるのかも自由」



…となると、寝る時間適当になって
起きる時間もまた適当だから
昼12時に起きた次の日は夜21時に起きるなど。



食べ物も「食べたいもの」が中心になるので
カロリーが高い食べ物が好きな人は大変です。


すぐピザとかお寿司の出前取っちゃうとか。



体調面、健康面はとても悪くなります(笑)



自由なのは良いことなんですけどね^^;
幸せだなー…とは感じるんですが。



ただ、自由を最大限楽しみたいなら
余計に自分に厳しくしなきゃな…と感じる次第ですw



さて、今日は『何を売るか?』を書いていきます。



アフィリエイターって何を売ってんのか?


gf01a201503301000


商材アフィリエイトをやっている人に対して
「何を売ってるの?」と聞けば
「●●という教材を売ってるよ」という答えが返ってきます。


別にこれは普通にことです。



では、売れてる人って本当は何を売ってるのか?


「教材を売ってる」ってのは当然として
ではその教材に対してどんな付加価値を付けて売ってるのか。



同じようなアクセスの2者がいても
売れる人と売れない人に分かれるという現実がある以上
その2者には違いがあるのは明白ですからね。



情報商材アフィリエイトで結果出すには
かなり、かなり、かなり重要な考え方です。



…というかアフィリエイトに限らずに
セールス全般において大切な意識ですね^^



例えばディズニーのコップを買った人は
それがディズニーのものじゃなくても買ったのか?



という点です。


もちろん、ただ単にコップが必要と思っていて
「どーせならディズニーにしよう」という程度に
軽い気持ちで売れていくこともありますけどw


でも、ご存知の通り
「ディズニーだから買った」という人はめちゃ多いし
色んなキャラのコップがあるならディズニーを選ぼう
という人が多いというのもまた事実です。


「ミスチルの曲だから視聴せずに買う」とかもそう。
「AKBの●●ちゃんが出てる映画だから見る」とかもそう。



みんな何に対してお金を払っているの?と考えると
「曲」とか「映画」とかそれだけじゃない事が分かります。

(無論、曲や映画にお金を払ってるのは前提)



結局は、キャラクターだったりコンセプト、世界観だったり
そういう所が人を惹きつけてお金を生み出しているわけです。



新世界アフィリエイトでも重点が置かれてることですね。


新世界アフィリエイトのジレンマw人によるよなーって記事






ネズミが歌って踊って喋ってドラム叩くとか
現実には「ねぇよwww」ていうようなことですけど


「ディズニー」というフィルターを通してるから
許されることがあり、人を魅了してる側面がありますよね。



その辺の路上で二本足で歩いてるネズミの着ぐるみが
笑顔で近づいてきたら「は?」ですけど


「ミッキーマウス」というキャラクターが
「ディズニーランド」で笑顔で近づいてきたなら
なんて夢に溢れていて可愛らしいんだ!


と、なるわけです。


これが、ビジネスする人がよく使う「フィルター」というもの。



優れたセールスマンは、まず商品のコンセプト、テーマなどを売り込みます。



確か、シュガーマンっていうコピーライティングの有名な人も
「商品を売るな!コンセプトを売れ!」とか言ってましたね。



これはすごく理に適っています。



あと、実際に僕が添削とかサポートしている人の中でも
売れていくのは決まって「世界観」を売れてる人達です。


商品の世界観もそうだけど、管理人自体の世界観ですね。



逆に、出来ていない人には添削の際に
最初に口酸っぱく言うことでもあるのですが
商材アフィリエイトで稼ぐってのは本当にここが大事。



さっき例に挙げた新世界アフィリエイトとか扇動マーケティングとかが
「月収0円と100万円の運命を分ける」とか言われてる理由はそこにあります。


商品の魅力だけでどうにかしようとしたって
同じような商品を売ってる人がくさるほどいるわけですから。


そんな土俵で戦っていても駄目なわけですね。



ディズニーランドは
「他の遊園地より落差のあるジェットコースター作ろう!」
「他のパレードより電飾の数を多くしよう!」
とか、そこで勝負してないですよね。


「楽しませる」「夢を感じさせる」とかそっち側です。
(もちろん他社に負けない努力はしつつ)


で、同時にお客さんがディズニーに感じてる魅力も
「どれだけ夢を感じられるか」「別世界を楽しめるか」
とか、そこを重要視しています。



アフィリエイターも他人より特典を多くしようとか
ライバルより多くの記事を書こうとか
そういう所が勝負のポイントではないし


情報商材のレビュー記事とか書くにしても
「良い」とか「悪い」とかだけを書きならべても意味ありません。



重要なのは「管理人」というフィルターを通した時に
その商品がどのように見えているか?


そしてそのフィルターがしっかりと
お客さんの目にも見えているのかどうかです^^



参考程度に。
ではでは。