Lovers-in-Valentine-Day-600x375
ラインゲームに学ぶ
利益を生み出すコンテンツ作りのコツ。


抽象的に見ればセールスは全て同じ
アフィリエイトにも活かせます。








たつもんです。


前回の記事でラインゲームについて触れましたが…。

前回の記事はこちら


今回はその続きです。



去年の夏ぐらいから
スマホのラインゲームにハマってます^^



僕は元々ゲームって
あんま好きじゃなかったんですね。



「つまらない」というわけではなくて
やってればめちゃくちゃ楽しいんですが


どうしてもゲームをした後には
虚無感というものを感じてしまって
あんまり好んではやらないようにしてました。



過去にはパワプロとかにハマって
バイトの合間を縫っては寝ないで
オリジナル選手を作りまくってたんですが


「やった!160キロで総変化球レベル15の選手が出来たぞ!」



と一時的には喜ぶものの


「でも現実では160キロ投げられないしな」


と思って虚無になってしまうのです(笑)



ようするに暇つぶしにはなるものの
それにより何かスキルが身に付くわけではなく
おまけに時間まで消費してしまう。
(ゲームのスキルは上がりますが)


同じ時間、英語を勉強すれば単語を何百と覚えられる。
同じ時間、ビジネスをすれば月収を10万円増やせる。



そう思ってゲームは封印してたんですが


でもそんなの関係ねぇ
ってくらいにハマってしまってます(笑)



家でもゲーム、外出先でもゲーム。



アプリゲームっていうのは
ご存知の方が多いとは思いますが


パズル系とかシューティング系とか
1ゲーム1~2分のものが多いです。


出来る回数は決まっていて
時間が経過すればコンテニューの数が回復する。


…というようなのがほとんどですね。



そしてゲーム内の通貨(コイン、ダイヤなど)により
アイテムを増やしたり装備を整えられるわけです。


このシステムが
ほんとに良く出来てるなーと思うんですが


ゲームにハマッてくると
どうしてもゲーム内通貨が欲しくなります。


しかし通常プレイでは中々貯まらないんです。


そこで、課金をする事により
ゲーム内通貨を増やすことが出来ます。



スマホアプリは基本的に無料で遊べますが
やり込む為には課金が必須となります。



僕は課金はしたことはありませんけど
周りの友達に聞くと驚くほどみんな課金してました(笑)



ゲーセンでゲームやるのと同じ感覚ですね。
1プレイ100円とか。


多い人は月に10万円くらい課金してますし
借金を抱えてる人でも課金プレイしてます。



一時期、小中学生などが
SNSのミニゲームやアバターに課金し過ぎて


後から膨大な請求書が届くという事が
社会問題になりましたが


子供に限った話ではなくて
大人でもハマりすぎると大変な事になります(笑)



でも、気持ちは解りますね。


普通にプレイして攻略しようとすると
膨大な時間を消費する事になりますけど
課金をすればそれだけ早く済みますから。



ゲームのライフポイントが
時間経過でしか回復しないというシステムも
利用者を課金へと誘う頭の良い仕掛けだと思います。



ビジネスをやっている人で
課金ゲームをやった事がある人は
もれなく思ったこととは思いますが
完璧なバックエンド商法です。



しかもかなり上手いモデルケースだと思います。



フロントエンド=集客用コンテンツ

バックエンド =収益用コンテンツ



フロントエンドとバックエンドに関しては
過去にも記事を書いたので参照してください。


レディオヘッドも用いたフリー戦略とは?



こういう戦略をフリー戦略と言いますが
今や日本のビジネス市場でも
フリー戦略を取り入れてない場所はほぼありません。


何処でも例外なく行っています。



初月無料のレンタルビデオ屋とか
マクドのハンバーガー無料券とか
車の試乗サービスなんかもありますね。


もっと抽象的に考えるならば
日本のサービス業はサービスを無料提供してます。


海外だと良いサービスは
チップで別料金とかありますからね。


フリー戦略というものは
それほどまでに一般化しているものになってます。



商材アフィリエイトをやってる人の場合は


●無料レポート
●メルマガ
●ブログ



などをフロントエンドにして
取り組んでいる方が多いと思います。
(意識してるかどうかは別として)



例えばメルマガ講座にて
ビジネスやアフィリエイトの事を教えて


さらに上にステップアップしたいのならば
有料の講座を買ってレベルを上げてもらう…。


というような感じですね。


ゲームの課金と同じようなものですし
これは立派なフリー戦略です。



ただ、フリー戦略を成功させる為には
前提となる重要なことがあります。



ですがそれをすっ飛ばしてる人が多いです。



それは



フロントエンドの質が悪いコンテンツは
誰もバックエンドで課金なんかしないって事です。




例えばスマホアプリで言うなら


システムは他のゲームと同じように
パズル系でライフは時間経過で回復をし
アイテムなどを揃えられるように出来てても


肝心の内容がクソつまらないならば
課金してまで遊ぼうと思う人はいないという事です。




これはかなり重要ですね^^



人は『欲しい』と思わないと買わない



これはセールスの大原則です。



フロントエンドの質が高いという事が
フリー戦略を成功させるポイントです。



初月無料で使える動画配信サービスなども
無料登録してはみたものの


作品のラインナップがショボかったりしたら
有料となる二ヶ月目に突入する前に解除しますよね。



それと同じことなのです。



アフィリエイターの場合もなぜか売れる前から
購入後の商品につける特典の内容ばかりに拘って


肝心のフロントエンドを疎かにしていたり
出し惜しみしてつまらなくなってるパターンは多いです。



ですが本来、命を懸けて頭を捻らなきゃいけないのは
購入後にしか見れない特典などではなく
そもそも購入に繋げる為のコンテンツです。



もちろん、特典は適当で良いとかいうわけではなく
購入者を満足させる為にも命を削るべきですが
そんな事はあくまでも前提です^^



例えばラーメン屋がラーメンの美味しさを研究して
上手いスープや麺を作ろうとするのは当たり前の事であり


仮に上手い商品が出来上がったとしても
それだけで売れるほど商売は甘くありません。


食べたら白目になるほど美味しいラーメン屋でも
お店の場所が過疎ってる村の山奥で
看板も出さずテーブルも無い店なら売れるわけがないし


一生懸命作った商品から利益を出す方法というのは
商品のコンテンツの質とは別次元の問題という事です。




有料コンテンツに良いものを作るのは当たり前。
だが無料提供のものの質をどこまで上げられるか。




フリー戦略を成功させたいのであれば
そこのとこを追求した方が良いですね。



興味を惹けないと恋愛が始まらないように
興味を惹けないコンテンツから利益は生まれませんから^^




では。

Lovers-in-Valentine-Day-600x375