banner1_55314The Million Writing(宇崎恵吾)が面白かった。

成果報酬メールなんか送られてきた経験がない
という場合はまずこういう本質的なスキルから
学んだほうが良いんじゃないですかね。

その方が確実に賢いように思えます。







どうも、たつもんです。




「物が売れないと悩むならまず物が売れる理由を学ぶべき」




誰が言い出したのか解りませんがこれは真理ですね。



考えてみればごくごく当たり前のことなんですが
アフィリエイトって商品を『売る』ビジネスですから



売り方を知らずに売ろうとしてるんなら
口座の金額が増えていかないのは当たり前の事です。



当たり前すぎて「そりゃそうだろ」と思われそうですが
意外な事に多くのアフィリエイタが販売に関して無関心です。



いや、アフィリエイタに限らずですね
商品を売ってるはずの販売者の多くが販売に無関心です。



そういう人は決まって、
売れない要因が何が別にあると思いたがるので



集客方法だったり、アフィリエイト方法だとかを模索して
結局のところ迷走をするハメになる事が多いです。



確かに集客は大事です。



でも例えば
Twitterでもfacebookでもブログでもメルマガでも


『売れない記事』に何万人の集客をしたところで
売れないもんは売れません。



穴の空いたバケツに水を流し続けるようなもんです。



そりゃ、数が圧倒的だったとしたら
偶然運よく何本か売れることもあるかもしれませんが



10000人のアクセスを流して1本売れるとかのレベルじゃ
とてもじゃないけど生活できるレベルじゃありません。



カチカチッとインフォトップのアクセスカウンタを除いて
クリック数の数に一喜一憂しているようじゃ望が薄いです。



実績ってのも関係無いですね。
実績表示するだけで売れるんなら誰も苦労しません。




ではどうすればいいのか?というと、めっちゃ簡単なことで




物が売れる理由を学んで、物が売れるように販売すればいい。




ただこれだけの事ですね。




「売れる」「売れない」の原理が解ってれば
売れることをやって売れない要素を消していけばいいんです。




アフィリエイトの場合は商品を作る必要は無いので
在庫も抱えず他人の商品を売れますし



販売のために使うのはほぼ「文章だけ」です。


なのでまずはしっかりと「売れる文章」を書く必要があります。




売れる文章=興奮して思わず欲しくなってしまうような文章





なので「売れない」という悩みがあるならまず学ぶべきなのは
コピーライティングみたいに売るための文章術ですね。



集客、サイトデザイン、その他もろもろ
大事なことはたくさんあるんですが


そもそも読んだ読者が「欲しい!」と思わないと
商品を買ってもらうことはできませんから。



ライティング系で言うと最近読んだ、これが面白かったです。


『The Million Writing【宇崎恵吾】レビュー記事へ』

banner1_55314


特定商取引法に基づく表記

販売事業者名 株式会社イーブックジャパン

販売責任者 佐藤潤

所在地  埼玉県志木市幸町1-6-58-104

電話番号 080-1354-9150(担当者直通10:00~18:00)

メールアドレス info@copyrighting-supremeprinciple.net

販売URL http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html




人はどういう感情を抱いたときに購入に至るのか

成約が取れる文章が満たしてる条件とは何なのか

逆に成約が取れない文章が犯してる致命的なこととは

文章の効果を後押しする心理的な演出術とは

成約率を決定的に左右する法則とは



とか、セールスライティングに関する知識があらかた書いてあります。



こういうテクニック書って読んだ後に必ず


「あー、”これ”の説明が足りないなぁ」

「”あれ”について触れてないと売れねぇだろ」



ていう風に思っちゃうもんなんですが
The Million Writingにはディスる隙が無かった(笑)


販売に興味があったり、販売ビジネスをやってる人なら
目からウロコなテクニックや情報ですね。


他のバカ高い教材とかで語られてるライティングノウハウの
良いところを選りすぐりで集めちゃった感じです。





これ1つ持ってれば他にいらないな。





という感じです。




月の飲み会代とさほど変わらない数千円という価格としては
有り得ないほど有益な情報ですね。



セールススキルについてまだ学んだことが無い人にとっては
すべての内容が新世界だと思いますよ。


次のページをめるくのがドキドキワクワクなはずです。


しっかりと半年も実践できれば
販売のプロと名乗れるレベルの知識になるんじゃないかしら。

(もちろん本気で取り組むことが前提ですが)






そもそも「売れない記事」を書いてるなら
どれだけブログにアクセスを集めたって売れません。



商品がディスプレイ表示してないお店みたいなもんです。
つまり商品が存在していないのと同じなんですね。



逆に言うとしっかり「売れる記事」を書いていれば
あとはアクセスを集めていけば自然と売れていきます。



「売れない文章」を書いてる人より
圧倒的に少ないアクセスでもガンガン売れるんで
成果速報メールが積み重なっていきます。




まだまだブログやメルマガの読者が少ない時だからこそ
しっかりと意識して活かしておくべきスキルだと思いますよ^^



まぁ、詳しくはレビュー記事を参照してくださいね。


『The Million Writing【宇崎恵吾】レビュー記事へ』



では、たつもんでした。