039成約率1%と2%、わずか1%の数字の違いですが
ビジネスの世界ではその1%は運命を分けます。







どうも、たつもんです。



最近は、音楽作るのが楽しくてハマッてます^^



ていうのも歌詞とメロディーだけ作って
放置していた曲が60曲くらいあったんですが


バイトしてた時はなんだかんだと忙しくて
編曲する気になんかならなかったんですが


思えばもう職場で毎日拘束されるわけじゃないし
ネットビジネスの作業だって一日一時間くらいだから
時間が無いわけでもないし


一気に作っちゃおうと思って作業再開しました
趣味を大事に生きれる方がやっぱり楽しいですね^^




趣味を大切にして生きる為には
やっぱり時間とお金が重要になってきます。



お金が腐るほどあっても
自由な時間が一日一時間も無いなら無意味だし



逆に、物凄く自由な時間があったとしても
お金がなければ出来る事は制限されます。



僕のメルマガを見てる人なんかには
常々言い続けている事なのでお馴染みかもしれませんが



やっぱり少ない労力で大きな金額を稼げるビジネスをした方が
趣味や夢を犠牲にする事なく楽しい人生を送れるのは間違いありません。



しかもアフィリエイトみたいな個人事業ならば
髪型自由、服装自由、働く時間も自由というオプション付きです。



トイレに行きたくなったら気軽に行けるし
水も飲みたい時に飲めますし
気分転換に映画観るのも散歩するのも自由です。


ただ、だらけ過ぎると、指摘してくれる人がいないので
ひたすらだらけてしまうというデメリットもありますが…。




あと、レバレッジの効いたビジネスを行うにしても



知識0、人脈0、学歴0で投資額もできるだけ最少で
始められるビジネスじゃないといけませんよね。



人脈と金が無いと成功できない方法なら
僕みたいな中卒のしょうもない人間にはまず無理だったはずですw



その点ならアフィリエイトってのは最適かなと思います。
特に大きなリターンを狙うならこれですね。
情報商材アフィリエイト講座



1%の違いにより変わる未来


039

情報商材アフィリエイト講座の中でも言ってますが
アフィリエイトでの収入の公式は



読者数×報酬額×販売回数×成約率=



このようにして決まります。
これらをまんべんなく高めていく必要があります。



報酬額と販売回数に関しては
誰でもさじ加減一つでコントロールできますが


読者数(集客)と成約率に関しては
テクニックや演出面により大きな差が生まれます。



例えば日々発信している記事の内容や
記事を伝えていく順番などにも左右されますし



報酬額や販売回数を上げていくことで
逆に成約率が下がってしまう事もあります。



「売りこみばっかでウザス!!」


と思われれば信頼関係も何もあったもんじゃないから
そりゃ成約率は下がってしまうものです。



それでも集客できてれば売れるっちゃ売れますが
成約率が1%なのと2%なのでは作業の手間が大違いです。



冒頭の話に戻りますが、小さな労力で大きな成果を得て
趣味や夢を後回しにせずに楽しく生きたいのならば



作業の手間は少ないに越した事はありません。



近所のスーパーみたいに特売大安売りで大量集客して
死ぬ気でヒーヒー言いながらレジ回しをして利益1万円。


よりも、1日1個商品を売って利益1万円。



どっちが自由かって言うと絶対後者です。



例えば月に20万円稼ぎたいとするならば
成約率1%の商品を20個成約させなきゃいけませんね。


月に2000人のお客さんを集めなきゃいけません。
日割り計算すると1日66人くらいです。



66人をブログに集めるって意味ではなくて
商品のページに66人を集めなきゃいけません。



なのでブログ自体のアクセス数ってのは
絶対にそれ以上である必要があります。



じゃあ成約率が1%上がって2%になるとどうなるか?
月1000人の集客で20万円という計算になります。



集客の手間という面で考えると
単純に労力は2分の1になります。半減です。




成約率が10%なら?20%なら…?




成約率と反比例して集客数が少なくなります。
(同じ金額をゴールと設定したケースの場合)


成約率を上げる鍵は演出力



先ほども言ったように報酬額や販売回数は
どんな初心者でも意図的に操れますが


成約率に関しては『演出』などが重要な要素として絡んできますので
習得までに時間が掛かるかもしれませんが



だからこそ初期から意識して改善を試みてみてください^^



成約率を上げる為の方法としてよく用いられるものに
『特典』などがありますね。


後はコピーライティングなどのライティングスキルも重要です。



ただ、やっぱり一番重要なのは『演出』だなって思います^^



映画だってどんなに良い俳優使おうと良い脚本だろうと
演出が駄目なら途端につまらない映画になるのと同じです(笑)



良い特典も、良い文章能力も、
演出次第ではなんの魅力も伝わらない…みたいな。





もちろん、前提としてお客さんとなる読者がいなければ
商品が売れるようにはならないですけど


より少ない集客で成果を最大化するために
成約率が向上できるよう改善できる箇所がないか、


意識して媒体を作り込んでみてくださいね^^





では!